環境への対応

環境への対応 遮熱塗料

地球環境保護のためにも・・・

1.高い遮熱効果により熱の進入を大幅に低減
特殊顔料の配合効果により、太陽光や熱を反射させ、屋根などの温度上昇を抑え、室内温度を低く保つ塗料による塗装です。

2.エアコンなどの室内設備の負担を大幅に低減
屋根に塗装した場合、真夏の快晴日の午後2時にそれぞれの温度を測定した結果
従来塗装 ⇒ 屋根温度:60度 室内温度:47度
遮熱塗料 ⇒ 屋根温度:50度 室内温度:38度
エアコンなどの室内設備の省エネ効果は、室外機から熱風による温度上昇や二酸化炭素の排出も抑え、省エネ・ヒートアイランド緩和効果を生み出します。

3.遮熱材の蓄熱を抑える
夏の夜、クーラーを消した途端に暑いのは断熱材の蓄熱があるためですが、遮熱塗料はその蓄熱を抑えることができます。

光触媒塗装とは

Point.1
太陽光が汚れを分解し、雨で洗い流すセルフクリーニング効果で、きれいな外観を保ちます。

Point.2
建物の美観維持に加え、外壁劣化の原因のひとつと言われるカビや藻の繁殖を抑える効果があります。

Point.3
光触媒には大気中の汚染物質(NOx,SOx)を分解する効果もあります。だから家の周りの空気まできれい。また赤外線を反射する材料を使っているため、ヒートアイランド現象の緩和に役立ち、地球にもやさしいのです。
環境への対応 光触媒
セルフクリーニング効果のメカニズム
光触媒は、光の照射を受ける、または吸収することにより周辺の化学反応を促進する触媒物質を指す総称です。中でも酸化チタン(Ti02)は微生物や酸化物の分解力や優れた親水性などの特徴があります。