漏水診断

漏水はカビや汚れなど屋内環境の悪化を招くだけでなく、躯体の鉄筋を腐食させる因子ともなるため適切な処置を講じる必要があります。
浸入経路を特定することは非常に難しく、建物の使用状況などによって推定手法を検討提案します。

経験から培ったノウハウを活かし、原因を突き止めたうえで、それぞれの現場に合わせた最適な方法を様々な工法を駆使し、ときには業界のやり方だけに捉われない形でご対応いたします。

原因を究明して被害範囲の確認した上で補修工事を行うことが大切です。

漏水診断
雨漏り、漏水(水漏れ)を止めるためには、まずは原因を突き止めることからはじまります。
原因は見えないところで起こっていることが往々にして多く、見えるところにあるとは限りません。
そのため、見えているところだけ施工しても雨漏り、漏水(水漏れ)は止まらないばかりか、仮に一時的に止まったとしても、再発してしまうこともあります。

まずは、根本的な原因を見極めることが何よりも重要です。
漏水診断
建物も人間と同じく劣化(老化)していき、時には破損(怪我・病気)をすることもございます。
それをそのまま放置することは、運営効率を低下させ、建物の寿命を縮めることになります。

最悪の場合、思わぬ事故につながる危険性があります。定期的な診断調査をすることで建物劣化の早期発見・早期治療に役立ちます。
◆ 屋根や壁からの雨漏り。
◆ 建物外装がひび割れや汚れで見た目がよくなくなってきた。
◆ タイルやモルタルの浮きや剥がれが気になる所がでてきた。