シーリング工事(打替)

シーリング(シール)工事とは、建物の外壁を構成する外装パネル(サイディングボード・ALCパネルなどの外装材)・コンクリート・タイル・モルタル・ガラス・サッシ間など、様々な部位の各種部材間(目地)に防水性・気密性を確保する目的で行なう工事です。

建物の目地は気温や湿度の変化、地震や風圧などの自然条件によってその幅が変化するため、シーリング材にはそれらの動きに追従する柔軟性が必要とされます。
建物同様にシーリング材に関しても5〜10年ほどで硬化するなど、劣化症状が現れてきます。シーリング材が劣化すると防水性・気密性・柔軟性を発揮できなくなり、外壁のひび割れや雨漏れの原因になる恐れがあります。

そのため、シーリング材の打替工事が必要になるのです。
シーリング工事
シーリング工事
現在の住宅は、モルタルに代わってサイディングボードを外壁に張りつけることが多いです。

サイディングにはいろいろな種類があるため、現在の一戸建ての外壁は非常にバラエティーに富んでいます。このサイディングはシーリングという一種の接着剤で壁に張りつけれているのです。

このシーリングが劣化すればサイディングボードも落剝(らくはく)の危険がありますので、シーリング材を補充したり入れ換えたりして、処理を行うのです。