断熱塗装工事(内装・外装)

真夏の太陽光線はすさまじい熱量を持っています。アスファルトで目玉焼きを焼いたりステーキを焼くことができたなんて話もあるのだとか。当然、屋根や外壁の表面温度も非常に高くなり、『60~80℃』もの温度に達することも珍しくないそうです。

屋根や外壁がそれだけ熱いということは、いうまでもなく室内温度も上昇します。最上階の南に面した部屋などは外壁や屋根からの熱で40度を超えるのも珍しくないでしょう。クーラーが壊れでもすれば、命にかかわるかもしれません。

遮熱塗料と似た塗料で、家を涼しくするという効果自体は変わりません。違うのは、反射ではなく防御であるということ。

遮熱塗料は夏特化型。断熱塗料は冬と夏の万能型といったところでしょうか。どちらが良いかはお住まいの地域によって変わってきます。
断熱塗装工事(内装・外装)

断熱塗装工事(内装・外装)

断熱と遮熱の違い

よく混同されてしまいがちですが、「断熱」と「遮熱」はそれぞれ異なる意味を持つ言葉です。

「断熱」とは、温かい空気が屋内と屋外で移動しないようにする機能のことです。屋外から入ってくる日射熱を緩和し、屋内に溜め込んだ暖かい空気を外に逃がさないという効果があります。

一方、「遮熱」とは屋内に入ってくる熱を反射する機能のことで、温かい空気を屋内に溜めておく機能はありません。

断熱塗料と遮熱塗料の中には、両方の効果を持つものもあれば、それぞれの単独の効果しか持っていないものもあります。

そのため、選ぶ塗料を間違えると、「断熱効果が欲しくて塗装をしたはずが、遮熱塗料だったために、冬場は昼間の日差しが室内に全く届かなくなってしまった」ということにもなりかねません。