躯体劣化診断

劣化診断とはどのような調査・診断をおこなうことですか?

主に建物の躯体・外壁等の劣化状況具合を調べるもので、コンクリートに関しては中性化深さ、圧縮強度、ひび割れの状況など、様々な要素を検討します。 基本的な考えとしては建物を常に良好な状態で維持管理し、快適な住環境を造り、資産価値の維持・向上を図ることを目的としておこなうものです。適切な改修計画を実行していくにあたり、現状の建物の不具合のある箇所・劣化の進行状況を調査診断し、長期修繕計画を作成します。
躯体劣化診断

躯体劣化診断

躯体の主な材料であるコンクリートに関しては、中性化深さ、圧縮強度、ひび割れ状況などさまざまな要素を検討して劣化状況を把握します。

近年外壁仕上げの主流となっているタイル張りについては、浮き・はく離・欠損 等が生じやすく、打診調査や目視による調査を行います。
さらに、塗装仕上げの場合は、既存塗膜の付着力が塗膜別の付着力基準を満たしているかどうかが重要なポイントとなります。
防水に関しては、平場・立ち上がり・ドレン廻り・笠木などの部位別に既存防水層がどの程度劣化しているかを正確に把握します。
シーリング材については、物性・防水機能・意匠面をを中心に劣化度を調査します。
配管材料によって劣化状況が異なります。
具体的な調査方法としては、超音波による調査方法、内視鏡を使用する方法、対象配管を切断してサンプリング調査する方法などがあります。